フォト

北村年子の「自己尊重ラボ Love Myself」

  • 北村年子の「自己尊重ラボ Love Myself」
    北村年子が主宰する「自己尊重ラボ Love Myself」のホームページはこちらです!自尊感情を育てるための講座やワークショップを、あなたの地域でも開催しませんか。ぜひご訪問ください。
  • 関連ブログ:ワークショップ茅ヶ崎
    茅ヶ崎ヒーリングスペースで開催された過去の「北村年子の自己尊重トレーニング講座」のブログ。ご参照ください。
無料ブログはココログ

自己受容

9月23日(土)10月29日(日)すぐにできる気持ちの切り替え方とセルフケア講座


北村年子の自己尊重トレーニング講座(ねんこうざ)

イヤな気分、もう引きずらない!
すぐにできる科学的な

気持ちの切り替え方と
肯定感をあげるセルフケア

 

◆Zoom オンライン講座 

9月23日(土)13:00~16:00

参加費 3,500円 (資料含む)

(10代は無料!)


定員 なし

*詳細

https://labo-bemyself.com/new-ws/20230923online

 


◆川崎会場 リアル講座 (新百合ヶ丘駅)

10月29日(日)13:10~16:50

参加費

リピーター 5,500円 
     (連続参加または5回以上リピータの方  5,000円) 
初参加 6,600円(資料集含む)

(10代は無料!)

定員 約10名

*詳細

https://labo-bemyself.com/new-ws/20231029nenkouza


◆いずれもお申込みフォームは、こちら

👉https://labo-bemyself.com/order-form

 

***************

 

★特別企画・リピーター限定★

♦オンライン個人ねんこうざ

(カウンセリング、呼吸法・瞑想指導、ワーク含む)

 

お忙しいリピータさんのご要望に応えて開始しました!

オンライン(Zoom)での1対1(個別)のセッションです。

通常のグループ講座では開示しにくい個人的な深い問題も扱えます。

一度でも自己尊重ラボの講座を受講されているリピーターであれば

通常の「個人セッションの半額」にて対応させていただきます。

 「個人セッション 通常120分 12,000円」

  ⇒ 半額 「個人ねんこうざ 120分 6,000円」

【注】*リピーター限定  お申込み時に、リピーターであることをご明記ください

 

◆お申込みは、こちらから

👉https://labo-bemyself.com/order-form

***************

 

「気持ちを切り替える方法」とは?

イヤなことがあったとき、
ネガティブな気持ちになったとき、

気持ちを切り替えよう!

と思っても、
なかなかうまくいかない…
マイナス気分を引きずってしまう…

という人も多いのでは?


♦気持ちを切り替えるのが苦手な人の特徴

として、こんな傾向があります。

⑴まじめで完ぺき主義。
自分にも他者にも「~べき」「~でなければ」思考が強い

⑵非主張的。他人軸。
言いたいことを言えず、自分の感情を飲みこんでしまう
特に、怒りを抑圧し、怒ってはいけないと思う。

⑶心配性・先取り不安。
まだ起こってないマイナスの出来事まで考えて、取りこし苦労する。

⑷自罰的。何か失敗や問題があると、
「自分の責任」だと考えて自分を責めてしまう

⑸かまってちゃん
自分を不幸な状態にしていることで
(意識的または無意識に)まわりの関心や注目を集めようとする。

⑹人当たりの良い優しい人
人の目を気にしているが、自分自身には優しくできていない場合。

などなど。

いずれにしても、

あるがままの自分を否定せず
どんな感情も、受け入れ、認め、意識化して
安全な方法で解放する。
これで、一気に解消!

ですが…、そうはいっても

それが簡単にできるなら、苦労しないよ!
ってことですよね。

そこで、今回は、
うまくできる気持ちの切り替え方と
肯定感をあげるセルフケア法を
トレーニングしたいと思います。


♦気持ちを切り替える方法として

⑴呼吸法で自律神経を安定させセロトニンをふやす

⑵自分の感情に向きあい受けいれる(ごまかさない)

⑶自分の気持ちを「話す」「書く」ことで意識化して手放す

⑷口ぐせを変えて、潜在意識をクリーニングする

⑸身体を動かす(簡単に波動を上げる運動の実践)

⑹「好きなもの」で肯定感をあげる方法

などなど

くわしくは、講座の中で、
具体的に実践しながらお伝えしていきたいとおもいます。

知識として知っている、
頭でわかっている、というだけでは
「感情」は、解消できません。

感情は、現実の「肉体」で生じています。

肉体の枠組みを通して
体験し、真に理解したことだけが、
本当の「智慧」となって、身についてゆきます。

日々、実践し、毎日、くりかえし、
また、何度でも、やり直しながら
実感し、腑に落ち、気づきが、日々深まるなかで、
魂も成長し、進化していきます。

ねんこうざでは、受講生というより
そんなお互いの成長を喜ぶ「なかま」として
「勇気づけ」あう関係が生まれています。

自分を愛する作業は終わりなく、一生つづきます(笑)

ぜひ一緒に、楽しく、愉快に、つづけていきましょう!

 

*********

◆参加者の声◆ 

前回のねんこうざに参加された方の感想

 

◎Aさん(女性・50代)

ワークショップ、ありがとうございました。

内容がもりだくさん、いただいた資料を見返しながら

もっともっと深い内容を知りたくなりました。

 

ありのままの自分を受け入れる、

ということを頭で理解するだけでなく

感情も身体(の状態)もそうなって

やっと「ゆるす」ことができるのだと実感しました。

 

受け入れる、ゆるす、手放す、解放する、

そのようなプロセスの一つひとつを「体感」しました。

 

チャクラごとに身体に手を当てていくとき、

わたしは特に、喉のあたり、声や言葉(話すこと)、

言ってはいけない聞いてはいけない、

ずっと我慢していたことに気づきました。

そして、この1年余り、不平不満や他者への批判を

自分でも「こんなこと言いたくないけど」と思いながら

言わないでいられなかったことを思いました。

 

心の奥深いところから「言いたいことを

我慢させてごめんね」「言いたくないことばかり

言わせてしまって許してください」

「もっといい言葉を言いたいよね」という気持ちが

思い浮かびました。

 

この一年くらいの問題について

何をそれほど引っ掛かってしまうのか

若い頃にもあったことにリンクしていて、

自分の思考パターン、クセを感じています。

そこをクリーニングして手放し、解放されたいです。

 

ぜひ個人セッションの機会をお願いいたしたく

よろしくお願いします!

 

********

 

◎自己尊重ラボ 講座の詳細・申込

◆募集中の講座
 https://labo-bemyself.com/new-ws

◆自己尊重ラボ「お申込みフォーム」
 https://labo-bemyself.com/order-form

 

◎自己尊重ラボ トップページ
 https://labo-bemyself.com/

 

◎YouTubeねんこチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCHFayVe9V2ShJk2ajFmp0sA 

 

 

1d3a76a6bcdc4ed29c3476e546890199

2023年7月22日(土)&8月26日(土)あるがままの自分を受けいれ愛する講座

北村年子の自己尊重トレーニング講座(ねんこうざ)

ほめられなくても大丈夫。
「自己肯定病」にならないで!
あるがままの自分を受けいれ愛する講座

 

 

◆Zoom オンライン講座 

7月22日(土)13:00~16:00

参加費 3,500円 (資料含む)

(10代は無料!)


定員 なし

*詳細

https://labo-bemyself.com/new-ws/20230722online

 


◆川崎会場 リアル講座 (新百合ヶ丘駅)

8月26日(土)13:10~16:50

参加費 リピーター 5,500円 
     (連続参加または5回以上リピータの方  5,000円) 
初参加 6,600円(資料集含む)

(10代は無料!)

定員 約10名

*詳細

https://labo-bemyself.com/new-ws/20230826nenkouza



◆いずれもお申込みフォームは、こちら

👉https://labo-bemyself.com/order-form

 

***************

 

★新企画・リピーター限定★

♦オンライン個人ねんこうざ(カウンセリング、呼吸法・瞑想指導、ワーク含む)

 

お忙しいリピータさんのご要望に応えて開始しました!

オンライン(Zoom)での1対1(個別)のセッションです。

通常のグループ講座では開示しにくい個人的な深い問題も扱えます。

一度でも自己尊重ラボ講座を受講されているリピーターであれば

通常の「個人セッションの半額」にて対応させていただきます。

 「個人セッション 通常120分 12,000円」

  ⇒ 半額 「個人ねんこうざ 120分 6,000円」

【注】*リピーター限定  お申込み時に、リピーターであることをご明記ください

 

◆お申込みは、こちらから

👉https://labo-bemyself.com/order-form

***************

 

 

「自分の良いところを毎日ほめましょう!」

「自分ホメで、自己肯定感が上がる!」

と、唱える本やワークショップも多いですね。

私自身、かつては「自分をほめる」ワークを、

自己尊重トレーニングの「はじめの一歩」としてやっていました。

けれど、今は違います。

「ほめる」より大切なこと、それはまず

自分を「受け入れる」ことです。

短所もあれば欠点もある、あるがままの自分を「受容」し、

失敗もする完ぺきではない自分を「ゆるす」ことです。

「自分の良い所を探さなくちゃと思うけど見つけられない」

「毎日ほめなくちゃと思うとしんどくてストレスになる」

そんな声もたくさん聴いてきました。

「ほめる」ことはもちろん、プラスのストローク(肯定的な働きかけ)で、
否定するより肯定するほうが、命が喜ぶのは当然です。

でも、どんなに良いことでも、正しいことでも

「○○しなくちゃ」とか「○○でなければ」と思考したとたん

細胞も血管も緊張し、エネルギーは下がり、マイナス波動、マイナス思考になります。

そして「ほめる」という行為は、多くの場合、何をしたかという行為(doing)や、その結果、成し遂げたもの、得たもの(having)に対して、価値評価をすることになりやすいです。

ここを注意しないと、

「○○して○○を得た自分はえらい!」

例えば、「努力して、勉強して、100点とれた私はすごい!」

といったような。

それはそれで喜ばしいことですが、
私たちは、調子の良い時も、悪い時もあって当たり前、
いつも、良い成績をとれるとはかぎりません。

つまり、行動して成し遂げたことや、成果や獲得したもので
自分をほめて評価するようになっていると、

何も成果を出せない自分はダメ、
よい変化をつくりだしていない自分ではダメなんだ、

と、むしろ「肯定できない自分」を否定するようになってしまいます。

でも、本当の「自己肯定」とは、
今、ほめられない自分、肯定できない自分を、
いったんまずは、受け入れ、ゆるす「自己受容」からはじまります。

何ができてもできなくても、何を持っていても持ってなくても

あるがままの、今ここの自分を、完全に受けいれること、

それこそが、自分自身の存在(being)の価値を、まるごと認め愛する、ということです。

つまり、自己否定している自分を否定しない、
=ありのままの自分を肯定している、
ということに、なりますよね。

自己肯定しなくちゃ、自己肯定感たかめなくちゃと
「自己肯定感を上げること」にとらわれないでください。

むしろ、とらわれていればいるほど、
自分を責めたり、人と比べて、裁いて、
ますます、自分を否定してしまうという、
トラップ(罠)にはまってしまいます。

ほめようなんて思わなくてもいい、

ただ、受けいれ、愛せばいいのです。

だから「自分ほめ」ができないからといって、自分を責めないでください。

自分を受けいれ、愛し、尊重すれば、それでOK!

その瞬間、自分の存在を丸ごと100%肯定しています。

そんな本当の「自己肯定」にいたるために、

まず自分を受けいれ、自分を愛して「自己尊重」しましょう。

うまくいかない時や、間違えた時、自分をほめられない時、
そんなときこそ、くりかえし、くりかえし、自分を受容し、
ただ、受けいれつづけ、ただ、愛してあげていてください。

そんなブレない「自己尊重の心」の土台をつくっていきましょう。

でもそれは、本を読んだり、話を聴いたり、外から知識を得ただけで、

完全に会得し内面化し完了するようなものではありません。

生きていれば、垢も出て身体も汚れるように、日々、心もうつろい、乱れます。

自分を受けいれ愛する、心の平安を取り戻すためには、

毎日、毎瞬、自分で心や身体を調整する必要があります。

私が伝えている呼吸法や自己尊重トレーニングのスキルも、
実際に使っていただけないと、絵に描いた餅になってしまいます。

日々、実践をつづけ、日常で生かしていただくことで
自然とプラスの変化に気づき、実感も理解も深まります。

ぜひ、継続的に、自己尊重メソッドを実践していだけますよう
願っています。

***********

隔月ペースの講座の日程では、
仕事や子育て、家族の急用も入ったりで
なかなか都合がつかず、参加したくてもできない……

そんなリピーターさんの声をうけて

リアル講座の参加費と同じ程度で
オンラインで個人で受講できる「個人ねんこうざ」

(基本120分 6,000円)

を始めました。

1対1(マンツーマン)で、今これでいいと思えない問題は何か、
個人の課題やニーズにあわせたセッションができます。

平日でも、可能なかぎり対応しますので
ご希望の日時をお知らせいただけたら幸いです。

ご自分にあったやり方で、魂の進化・成長に、
自己尊重メソッドを、ぜひ、役立てていただけたら幸いです。


***************

 

▼「オンライン講座」基本的なプログラム 例(*変更もあり)

⑴本当の「自己肯定」「自己受容」「自己尊重」とは

⑵3つの「自己」(セルフ)とは?

⑶潜在意識(インナーセルフ)のケアと浄化

⑷内なる自分(潜在意識)を癒す 呼吸法・ことだまクリーニング

▼「リアル講座」「個人ねんこうざ・個人セッション」の場合

上記に加えて 

⑸それぞれの課題(特に人間関係の問題)解消にむけてのワーク

 

***********

 

◆参加者の声◆ 

2023年6月のねんこうざに参加された方の感想

 

お母さんと参加した14歳のKさん(中学3年)

 ⇓ ⇓ 

◎Kさん(女子・中学3年)


楽しい時間をありがとうございました。
どのお話しも楽しかったし感動しました。
私が特に印象に残っているのは、お花の話しです。
私は根っこが深くて倒れないお花になりたいと思いました。

あと、もう一つ印象に残っているのが、
好きなものと苦手なものを言って、
好きなものを言った時の方が、身体の軸や足元がしっかりしていて、
苦手なものを言った時は、軸がブレていた事です。
「自分が言った言葉は、細胞などが全部聴いているんだな」
と思いました。
なので、プラスな言葉や嬉しい言葉、好きなものを
言いたいと思いました。

瞑想も楽しかったです。

最後に年子さんたちとお話しをした時に、
子供の私、にではなく、「一人の人間」として
お話しをしてくださっているような気がしました。
他にもいろいろ新しい感じがして嬉しかったです。

そして、私もこれからは
どんな感情も否定せずに認めて受け入れたいと思います。
本当にありがとうございました。

**********

初参加者の声
 ⇓   ⇓ 

◎K子さん・女性

今回はありがとうございました。
長い時間かかって、やっと参加することができました。
とても楽しみにしておりました。

前半の色々なお話し、どの部分も私を元気に導く言葉でした。
頭の中でもやっとしていた思いが
明確化されて、「!」「こういうことだ!」と納得でした。
私のここ30年くらいの悩みの根源をつつかれたような気がしました。

中でも、(愛か恐れか、の話の中で)
「恐れない」という言葉が一番グサッときました。
後から考えてみると、なんと多くのことを恐れながら
暮らしてきたのだろう、と。
そして人生ポジティブマックスだった頃の私は
確かに、何も恐れてはいなかったと思うのです。

自分の子どもに対して、例えば、ゲーム禁止!のように、
強制的に決めつける行為も
恐れだったのだろうな、と思いました。
そして、私が幼かったころ、母親から理不尽に怒られたことも、
あれは母親が何かを恐れてのことだったのだな、と
思いました。

後半の瞑想も、潜在意識の中身が
スルスルと出てくる感覚で驚きました。
幼少の頃のソワソワ感、焦り感なども思い出しました。

参加している皆様もとてもすばらしく、
初めてお会いしているのに、
お話ししやすかったです。そして、あの場が
居心地のいい空間でした。

また参加させてください!
この講座が末永く開催されますように☆
ありがとうございました。

********


リピーター参加者の声
 ⇓    ⇓ 
◎Rさん・女性

オンラインとリアル講座に続けて参加しています。
続けて参加することで、毎回の学びが深まっていくんです。
参加される方により、その時に合った講座内容になり、
毎回違うものになるのですが、コアなものはブレずに
講座の内容はつまっているので、理解が深まるのです。

私にとっては毎回が新鮮で
どんどん自分の中に入ってくるので、
学びが深まっていくようです。

いろんな自己啓発本などでも学べるのかもしれませんが、
「知っている」は知識としてだけなので、
「やっている。できている」の実践、実行にはならないので、
両方が必要だと思っています。

腹式呼吸(丹田)法も、みんなでやると一人でやるよりも
入りやすく、習得できるように思います。
私は一人では、まだ瞑想が苦手な方なので、オンライン、リアルでの瞑想に参加すると、入りやすいです。
いつか一人でもすぐにその状態になれるようになるのが、
今は目標にしています。

普段からの自分のクセや思い込みもあり、
それに気づかない自分がいますが、
インナーセルフ(潜在意識)がしっかり全部聞いているというので、
そのクセが出たら、すぐにクリーニングをするようにします。
修正できるので、持ち越すことがないので、ありがたいです。

人に対して周りに対しての感謝はいつも心にあるけれど、
自分を大切にすることも、私の課題でもあるので、
自分にも、「ありがとう」「あいしているよ」を忘れず、
人との出会いに感謝して過ごしていきたいと思います。

*********

 

 

◎自己尊重ラボ 講座の詳細・申込

◆募集中の講座
 https://labo-bemyself.com/new-ws

◆自己尊重ラボ「お申込みフォーム」
 https://labo-bemyself.com/order-form

 

◎自己尊重ラボ トップページ
 https://labo-bemyself.com/

 

◎YouTubeねんこチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCHFayVe9V2ShJk2ajFmp0sA 

 

 

Img_0474_20220308030901_202209270302011d3a76a6bcdc4ed29c3476e546890199

2023年5月28日(日)オンライン・6月11日(日)川崎会場 ねんこうざ "自己尊重心"の土台をつくる講座

【初心者も歓迎!】北村年子の自己尊重トレーニング講座(ねんこうざ)


「憧れるのをやめましょう」

くらべない、責めない、おそれない

"自己尊重心"の土台をつくる講座

 


◆Zoom オンライン講座 

5月28日(日)13:00~16:00

参加費 3,500円 (資料含む)

(10代は無料!)


定員 なし

*詳細

https://labo-bemyself.com/new-ws/20230528online

 


◆川崎会場 リアル講座 (新百合ヶ丘駅)

6月11日(日)13:10~16:50

参加費 リピーター 5,500円 
     (連続参加または5回以上リピータの方  5,000円) 
初参加 6,600円(資料集含む)

(10代は無料!)

定員 約10名

*詳細

https://labo-bemyself.com/new-ws/20230611nenkouza



◆いずれもお申込みフォームは、こちら

👉https://labo-bemyself.com/order-form

 

*************

 

憧れるのをやめましょう━━。

この言葉は、今年3月、世界を沸かせたWBCの日米決勝戦前、
ロッカールームでの円陣の声出しで、
大谷翔平選手がチームに語った「名言」として
大きな話題になりました。

これまで野球に(だけでなく、ほとんどのスポーツ観戦に)
興味のなかった私も、
今年のWBCは、一試合ごとに魅了され、
選手の名前も知らないまま、テレビに釘づけになっていました。
正真正銘の「にわか」です(笑)

感動ポイントはたくさんありましたが
なかでも、私がしびれたのが
この、「憧れるのをやめましょう」でした。

「ぼくから一個だけ。憧れるのをやめましょう」

「ファーストにゴールドシュミットがいたり、  
 センターを見ればマイク・トラウトがいるし、
 外野にムーキー・ベッツがいたり、野球をやっていたら
 誰しも聞いたことがあるような選手たちがいると思う。
 憧れてしまっては超えられないので。
 ぼくらは今日、超えるために、トップになるために来たので。
 今日一日だけは、彼らへのあこがれを捨てて、
 勝つことだけを考えていきましょう」

大谷選手のこの言葉で、
チームメイトのある選手は
「(米国選手に)サインをもらいに行こうと思っていたけどやめた!」
ということでした。

大谷選手は、あくまで
「トップ=1位」になることを
めざして、そう激励したのでしょうが。

私はその言葉を
「崇める(あがめる)のをやめましょう」
と、とらえました。


「憧れるな。誰をも、崇めるな。
 自分の上にも、下にも、誰も置くな。
 自分自身が最高で、唯一無二で、最光の存在なんだ!」

 チームの一人一人、全員がそのことを自覚して、
 さあ行こう!


と、鼓舞しているのだと感じました。

つまり私は、あの名言を、
「天上天下唯我独尊」
のメッセージだと受け取りました。

人によって受け止め方は違うでしょうが。

私にとっては、まさに「自己尊重」の核心を

大谷選手のこの言葉で、
チームメイトのある選手は
「(米国選手に)サインをもらいに行こうと思っていたけどやめた!」
ということでした。

大谷選手は、あくまで
「トップ=1位」になることを
めざして、そう激励したのでしょうが。

私はその言葉を
「崇める(あがめる)のをやめましょう」
と、とらえました。


「憧れるな。誰をも、崇めるな。
 自分の上にも、下にも、誰も置くな。
 自分自身が最高で、唯一無二で、最光の存在なんだ!」

 チームの一人一人、全員がそのことを自覚して、
 さあ行こう!


と、鼓舞しているのだと感じました。

つまり私は、あの名言を、
「天上天下唯我独尊」
のメッセージだと受け取りました。

人によって受け止め方は違うでしょうが。

私にとっては、まさに「自己尊重」の核心を

突く、尊いメッセージでした。

…………………………

4月のリアル講座に
参加された方の感想をお伝えします。



◎Ⅿさん・女性

ありがとうございました。
この講座に出席できて、ほんとうに良かったです。

今回、年子さんのお話を聴いて、
自分は、まさに、
Doing(何をするか)とHaving(何を得るか)中心の思考で、
Being(どうあるか)という自分の在り方、
心の土台が小さい状態だと思いました。

勉強ができるようになること、
偏差値の高い学校に入り、
大企業に就職してバリバリ働くこと、
それが幸せになるための道と、
多少の反発はしながらも、
最終的には、その道から外れず、
頑張り、努力し、走り、相応の結果を手に入れて生きてきました。

ですが、人からはすごいと評価されても、
自分に自信が持てない、
どうにもならない自分の心の内にしんどさがありました。

子育てをするようになって、
自己肯定感という言葉と概念を知り、
自分は自己肯定感が低いこと、
子どもとの関係性を悩むようになって、
自分には自己受容が必要なことを知りました。

が、自己受容の意味するところやその仕方、
自己肯定感を高める方法は、分からず、つかめずにいました。

なので、年子さんの、
自己受容、自己肯定、自己尊重の何がどう、ちがうのかの解説と
自己受容ができるようになるためには、のお話は、
ほんとうに長年求めていたものに、ようやく出会えた感じがしています。

ただ、このことは、解説を聞いたからすぐに分かる、理解できる、
自分のものになる、できるようになる、というものではなく

分かるというものが層のようになっているというか、
年子さんに解説してもらうたびに、理解が深まり、
自分でやってみるたびに、こういうことなのか、
と理解する、分かっていく、自分のものになって行くという感があります。

なので、これから毎日、講座で習った心の浄化法や、丹田呼吸を、
ひたすらにやってみて、自分に起こる変化、理解を感じながら、
次回の講座まで過ごしたいと思います。

ほんとうにありがとうございました。

 

「自己尊重」の心の土台づくりの
基本はまず「自己受容」です。

そのために「これだけはしてはいけない」
3ナイ法則があります。


1.くらべない
2.責めない
3.心配しない=怖れない


人とくらべて自分を卑下していると、
それは劣等感になり、
逆は、優越感になります。
自尊感情ではありません。

自分の失敗やミスを許せないで責(せ)めていると、
自分を攻(せ)めていじめることになり、
さらにもっと弱い立場の人をせめていじめるようになります。

わが子を親がゆるせず、せめてしまうのも
あるがままの自分をゆるせず、せめているからです。

そして
心配とは、「怖れ」の心です。
まだ起こってない未来について取りこし苦労をして、
先取り不安をし、今この瞬間のエネルギーを引き下げ
自ら取りこんだ不安やマイナス想念を現実化してしまいます。


でも、そうはいっても、人間ですから、
この3つを、「頭では、わかっちゃいるが」やめられず、
日常の中で、ふと、無意識にしていたり、
やってしまってから、
あ、しまった、と、気がついたりします。

いくら、顕在意識で、「こうするな、そう思うな」と考えても、
潜在意識(無意識)に、マイナスをためこんだままではムリです。

自分が幸福であるための、有益なデータを、
新たに、深層の心にインストールするためには、
マイナスのメモリでいっぱいになっている心から
ネガティブで不必要なデータを消去し、
アンインストールしないと、
受けいれられる容量がありません。

プラスの言葉(アファメーション)を唱えても、何も変わらない、
という人は、メモリがいっぱいの状態で
どんなプラスのデータも、拒絶し、入っていかず、
頭でいくら解消したいと考えても、解消できません。

ゴミでいっぱいになっていて、
カーテンを閉めきったままのお部屋を、
ピカピカにして、キラキラ輝かせて、
明るく、心地よくしたいと思っても、
「考えているだけ」では、不可能です。

まず、勇気をもって、要らないものを手放して、
カーテンを開いて、新しい光を入れ、
窓をあけ、空気を入れかえ、
掃除(クリーニング)を「実行」しなければいけません。

実行、するしかないのです。

だから、その「掃除」の一番目が、

「呼吸」を切り変える、ことです。
端的にいうと、「吐く息」の方へ、意識を切り変えます。

そして、潜在意識に変化をおこすための
変性ワークが必要・重要になります。


そのなかで、
今年から、ねんこうざのプログラムには
丹田呼吸クンバハカを組み合わせた
ねんこうざ式「自己尊立」呼吸法、を、ご紹介しております。

ヒマラヤの麓でインドのヨガ哲学者のもと修業した
中村天風氏の提唱した「クンバハカ」
(肩を落とし、下腹に力を入れ、肛門をしめる)

は、私自身が、8年ほど前だったかに、腰痛になったとき、
試してみて、とても有効だと実感した経験があります。

骨盤底筋が刺激され、
骨盤まわりの気や血のめぐりもよくなり、
全身が活性化するうえに、
重心が下がり、心身が安定します。

最近では、女性向けの「肛門しめダイエット」なども
メディアで取り上げられるようになりました。

このかん、講座でみなさんと実践したところ、
反応が予想以上に大きく、とくに、便通がよくなったとのこと。

「やってる時からお腹がぐるぐる言い出して
終わってすぐトイレに駆けこんで、びっくり!
ずっと便秘だったのに、その日も、翌朝もスッキリ!おどろきました」

「呼吸法をやっていると、
私はなぜかだんだんと便意をもよおしてきたので
トイレに行ってみると大量の便が排出され、
さらに夏でもないのに喉が渇いて、水をたくさん飲みたくなりました。
これは、体が体内の悪いものを外に出そうとして、体に良いものを体内に取り入れようとしているいわゆる体の浄化だと思われます。
ちなみに排便は帰宅途中にもあり、帰宅してからもありました。
水が欲しくなることもしばらくありました。
冬なのに体が温かく汗が出ていたくらいです。」

そして、WBC後に、(ファンの方は周知でしょうが)
大谷選手の愛読書が中村天風氏の著作と知ってびっくり。

おお!もしや、二刀流の原動力は「クンバハカ」なのか?!

実際、やっているのか否か、わかりませんが
私は、きっと、「しめているぞ」と、想っています(笑)。

…………………………







そんなわけで、
5月・6月のねんこうざは、

「憧れるのをやめましょう」
 くらべない、責めない、おそれない。
 自己尊重心の土台をつくる講座

⑴「クンバハカ+丹田呼吸法」を、段階的に、より深く、集中レッスンする。

⑵「自己尊重の心の土台」づくりについての講義とワーク

関連して、
中村天風氏が提唱された瞑想法や心身統一法の著作などもご紹介(予定)。

さらに、リアル講座では、⑴⑵に加えて、

⑶それぞれの課題(特に人間関係の問題)解消にむけての
 ワークまたはセッション

まで、やりたいと思っています。(変更する可能性もありますが)


いずれも、初心者歓迎、

10代無料、親子参加も大歓迎!

ご関心あるかた、気楽にぜひ、ご参加いただけたらうれしいです。

お会いできるのを、楽しみに、しております。


**********

 

◎自己尊重ラボ 講座の詳細・申込

◆募集中の講座
 https://labo-bemyself.com/new-ws

◆自己尊重ラボ「お申込みフォーム」
 https://labo-bemyself.com/order-form

 

◎自己尊重ラボ トップページ
 https://labo-bemyself.com/

 

◎YouTubeねんこチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCHFayVe9V2ShJk2ajFmp0sA 

 

 

Img_0474_20220308030901_202209270302011d3a76a6bcdc4ed29c3476e546890199

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北村年子の自尊感情を育てる「自己尊重ラボ Be Myself」のホームページはこちらです!